交通事故の慰謝料について知りたい宇美町の方々へ

2018年01月30日

交通事故の慰謝料について知りたい宇美町の方々へ

皆さんこんにちは!

乙金中央整骨院の清水です!

 

 

 

 

さて今回は!!!

交通事故の慰謝料についてです!

 

 

 

 

主に基本的なところを書いていきますので
宜しくお願いします(*^^)v

 

 

 

 

慰謝料の算定基準

気になる慰謝料の算定基準ですが
基本的には
通院回数 × ○○円になります!

 

 

 

 

あれ?

○○円ってなってるけど何で?
と思われた方もいらっしゃると思います。

 

 

 

実は慰謝料には種類があって、
それによって算定基準が異なります。

 

 

 

 

一つ目は自賠責基準です。

 

 

 

 

自賠責とは、正式名称
『自動車損害賠償保険』といいます!

 

 

 

この保険は
交通事故の加害者になってしまった際
お金がなくて賠償できない!
ということがないように
必ず入る保険になります。

 

 

 

 

他の保険にくらべて
一番低い基準になってます!

 

 

 

 

 

算出方法は

治療期間 × 4200円

    or

通院回数 × 4200円

のどちらか安い方です。

 

 

 

 

治療期間とは
交通事故に遭われた日から
治療を終えた日のことを言います。

 

 

 

 

ここで例を挙げてみると

1/5 1/6 1/7 1/20

の4日間治療に通った方がいたとします。

 

 

 

治療期間=16日間 (5日~20日まで)

治療日数=4日間 (5日 6日 7日 20日)

 

 

 

 

16 × 4200円 = 67200円

 4 × 2 × 4200円 = 33600円

 

 

 

治療期間より
治療日数で計算した方が安いので
この場合は33600円が支払われます。

 

 

 

二つ目は任意保険算定基準です。

これは任意保険により
独自に設定されている慰謝料の基準です。

 

 

 

 

これは残念ながら非公開なので、
相手の方は調べることができません(^-^;

 

 

 

自賠責保険でカバーできない分の
賠償金を保証してくれる保険です!

 

 

 

 

なので、自賠責基準よりも高い設定です!

 

 

 

 

 

最後に弁護士基準です。

 

 

 

これは、裁判所の過去の判例に基づいて
金額を算出していく基準です。

 

 

 

 

 

弁護士の方に依頼するのですが、
任意保険の
弁護士特約を使う方法などもあります。

 

 

 

 

賠償料金は大体自賠責保険の
2倍ほどといわれてます。

 

 

 

 

ただ、
そこから弁護士さんの料金が
発生する場合もありますので確り話し合い
合意のもと進めることをお勧めします。

 

 

 

 

まとめ

交通事故の慰謝料といっても
たくさんし種類もありますし、
手続きもややこしいこともあります。

 

 

 

また、知らなかったというだけで、
気付かないうちに損をしていることも!!

 

 

 

 

もし分からないことがあれば、
契約されている保険会社さんの窓口!!

 

 

 

もしくは
お近くの整骨院などで
交通事故に詳しいところがあれば
先に問い合わせておくことをお勧めします!(^^)/

 

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます!