交通事故の治療費について疑問に思っている大野城市の方へ

2018年01月23日

交通事故の治療費について疑問に思っている方へ

こんにちは!

乙金中央整骨院の清水と申します!

 

 

 

今回は皆さん気になるところの
通事故に対する治療費や慰謝料についてです!

 

 

 

実際、交通事故に遭われた方で
一番気になるのが
いろいろな料金ではないでしょうか?( ˘ω˘ )

 

 

 

 

これから、いくら払えば落ち着くのか?

そんな不安があっては
治るものも治りません!

 

 

 

 

少しでもお力になれればと思います!

 

 

 

 

1.交通事故の治療費の仕組み

よく整骨院などで
窓口負担0円と謳っていますよね!

 

 

 

実は
本当に窓口負担は0円なんです!!

 

 

ただ、
しっかり手順を踏む必要があります!

手順については

元旦投稿を参照してくださいね!!

 

 

 

なぜ、窓口負担が0円なのでしょう?

 

 

 

治療費のお支払に関しては

いくつかの種類があります。

 

 

 

治療費の支払い方法

 

 

 

 

まずは、一般的な方法です。

保険会社の方がいったん建て替えてくれた後

各医療機関にお支払いがあります。

 

 

 

その後保険会社の方が
相手の自賠責に請求をして
保険会社の方が受け取るやり方。

 

 

 

 

二つ目は健康保険を使う方法です。

 

 

 

これは、保険会社の方が
立て替えてくれることに変わりありませんが
立て替えるのは治療費の3割分です

 

 

 

 

では他の7割はどうなってるのでしょう?

 

 

 

 

 

勘の良い方は分かっちゃいました?(^^)/

 

 

 

 

実は患者様ご自身の健康保険が

立て替えてくれています。

 

 

 

 

保険会社の方が10割分を
相手の自賠責保険へ請求書をかけ
3割を医療機関へ
7割を健康保険へ支払います。

 

 

 

 

この場合は患者様の健康保険で
立て替えることになるため
基本的には交通事故の責任が多い方

よく過失割合とかいいます!

 

例えば
9:1なら9の方の場合に使用する場合が
多いようです。

 

 

 

 

 

ちなみに、健康保険の使用原則として

『自身で怪我した場合のみ使用できます』

 

 

 

ただあくまでも原則です。

 

 

 

 

『第三者行為の届け出』
という書類を提出すれば
健康保険は使用できます!

 

 

 

 

最後に患者様が直接
相手の自賠責に請求してしまう方法です!

 

 

 

 

保険会社の方を通さないので
患者様ご自身でたてかえることになります。

 

 

 

その代わり、申請してしまえば
満足いくまで治療が可能です。

 

 

 

治療費の支払い方法は誰が決めるの?

治療費の支払い方法は
基本は患者様が決めます!

 

 

 

ただ、そんな方法を知っている
患者様の方が少ないため
保険会社の方が案を出してくれます。

 

 

ただ、
その方法を知ってるか知らないかで
知らず知らずのうちに・・・

なんてことにならないように!

 

 

本日も最後まで読んでいただき
ありがとうございます!

 

交通事故の治療でお悩みの方はこちら