交通事故の過失割合について気になる大野城市の方へ

2018年04月10日

交通事故の過失割合について気になる大野城市の方へ

皆さんこんにちは!
乙金中央整骨院の清水です。

 

 

今回は交通事故の過失割合についての
ご説明になります。

 

 

 

まず、交通事故における過失割合とは
発生した交通事故における責任
割合のことです。

 

 

 

当事者双方に過失のある事故の場合
通常は当事者が契約している

任意の自動車保険会社

の交通事故担当者が話し合って
過失割合を決定します。

 

 

 

そうなんです!!

 

 

 

なんと過失割合を決めるのは
人間の、しかも匙(さじ)加減なんです!!

 

 

 

ただ、何の指標もないで
匙加減で決まってしまってはいけませんよね!

 

 

なので、
一応指標となるものが存在します。

 

 

 

それが過去の判例になります。

 

 

 

参考までにいくつか載せていきますね!!

 

 

 

過去の判例

判例1

四輪車同士の信号機のない交差点にて
直進者同士の出会いがしらの場合

 

 

 

この状態では一番重要なことは
『左方優先』となります。

 

 

 

左から出てきた車をA
直進車をBとすると
A40% B60%となります。

 

 

 

ただ、どちらか一方が
優先道路、広路、
一時停止がある、T字路交差点では
この限りではありません。

 

 

 

 

判例2

 

 

信号機のある交差点で
車直進、自転車直進の場合、
車が青で自転車が赤の場合はどうでしょう。

 

 

 

 

実は

 

 

 

 

過失が車にも生じてしまうんです!!

 

 

 

実際には
車10:90自転車
となります!

 

 

 

なんと
車も過失割合は低くても
10%は加害者扱いをされてしまうんです。

 

 

 

ぶつかった場所や
スピード
タイヤ痕により多少上下はあると思います。

 

 

 

 

ただ、
しっかりした状態でも
過失割合が
0%はかなり難しいと思います。

 

 

 

何が言いたいかというと、
起こしてしまったことはしょうがない。

 

 

 

しかし、
気を付けることで
未然に防げるのであればそちらの方が
よいということです!

 

 

 

 

皆さんは
交通事故に遭われたことはありますか?

 

 

 

このページをご覧になったということは
少なからず交通事故が他人ごとではなく
もっと身近になってしまった。

 

 

 

ということですかね!

 

 

 

 

実は福岡県の交通事故は
日本全国で4位なんです!!

 

 

 

 

事故件数は43000件にも上ります。

 

 

 

 

これはどういうことかというと・・・・・

 

 

 

 

平均で、なんと!!
毎年50人に1人
交通事故に
遭っている計算になってしまうんです!!

 

 

 

 

つまり何が言いたいかというと・・・

 

 

 

 

明日は我が身!!
ということなんてす。

 

 

 

 

皆さんも気を付けて
運転されてください!!(^^)/