前かがみになると腰が痛い!! 大野城市の腰痛専門治療院

2018年01月21日

中腰・前かがみになると腰が痛い・・・

こんにちは!!乙金中央整骨院の
スタッフの河津です(^^)/

 

 

本日のブログのテーマは・・・

「腰痛」です‼

 

中でも今回は、中腰や前かがみ
姿勢でで出てしまう腰痛を取り上げます!

 

お仕事や家事で特に出やすい
のがこの中腰や前かがみではないでしょうか??

 

俗に言うギックリ腰なんかも
これが原因で出る患者さんが多いです

 

 

中腰・前かがみになると痛みが出る
腰痛の特徴は??

 

 

中腰や前かがみになると
痛みがでる腰痛の方は・・・

 

 

・腰を前に曲げると痛みがでる
・ギックリ腰になった経験がある
・身体をひねると痛みがでる
・長時間座っていると、腰に違和感や
 痛みがでてくる
・腰を伸ばすと少し楽になる
などの傾向があります。

 

 

 

原因は??

 

 

1,背中や腰の筋肉疲労

 

中腰・前かがみになると痛みのでる腰痛
の原因の一つ目は、背中や腰の筋肉疲労に
よる「筋肉の硬さ」です。

 

 

 

特に関係があるのが、「起立筋群」
「腰方形筋」「広背筋」「中殿筋」という
筋肉になります。

 

 

これらの筋肉が硬くなってしまうと
筋肉の中にある神経が圧迫を受けてしまい
痛みが出てしまいます。

 

 

 

2,もも裏の筋肉の硬さ

 

もも裏の筋肉をハムストリングスといいます。
このハムストリングスとは、骨盤の下から
膝の裏側をつないでいる大きな筋肉です。

 

 

 

この筋肉は、歩いたり走ったり
地面を蹴ったりする際に働きます。

 

 

正常な状態だと、ゴムのように伸びたり
縮んだりする役割があります。

 

 

太もも裏の筋肉が硬くなると、
この筋肉が体を後ろに引っ張ろうとします。

 

前かがみになろうとすると、
この筋肉と体の前後で引っ張りあいこが
起こります。

結果、身体を前に倒しづらくなり、
大きな負担をかけてしまいます。

 

 

 

ですから、片足を椅子などに
上げた状態で身体をゆっくりと前に倒し
ハムストリングスをストレッチ
してあげましょう。

 

 

 

 

3,骨盤のゆがみ

 

 

骨盤というのは人間の身体の土台になります。
この土台が傾いてしまうと、身体全ての
筋肉に負担をかけてしまいます。

 

 

 

 

なぜ骨盤がゆがんでしまうのかというと
皆さんの普段の「姿勢のクセ」
になります。足を組むクセがあったり
かばんを毎回、同じ方の肩でからったり
皆さんも普段の姿勢を見直してみては
いかがでしょうか?

 

 

 

 

まとめ

 

腰痛の原因は人それぞれです。
今回お話させていただいたのは、中腰
前かがみになった時に痛みがでる腰痛
になります。

 

 

 

反対に腰を反った時に痛みが出る腰痛の
お話はまた次回お話させていただきますね。
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

 

 

腰痛でお困りの方はこちら!!