ちょっと言いずらい悩み…大野城市のママさんへ

2018年03月21日

ちょっと言いづらい悩み…大野城市のママさんへ

こんにちは!

今日もやって参りました!

 

大野城市の悩み追っかけマンこと

ゆーまんが今回もブログを更新して

いきますね♪

 

本日はちょっと話づらいママさんの

悩みについていくつか書かせて頂きたい

と思っております(^^♪

 

 

では、まずはについてです!

 

2人に1人の女性が、妊娠中・出産後に

痔の経験をすると言われているのですね。

 

 

痔にはいくつかの種類があるのです。

皆さんはご存知でしたか???

 

1つ目は、切れ痔(裂肛)というものが

あるんですね。

 

切れ痔は、肛門周辺の皮膚が傷つき、

裂けている状態のことをいうのですね(*_*;

 

便をするときに痛みが出たり、

人によっては少量の出血を伴うことも

あるみたいなんですね…

 

それも切れ痔は繰り返してしまうと

皮膚の裂け目が深くなってしまうのですね。

 

そこから炎症を起こしてしまい、

ポリーブなどができて、肛門が狭くなると

痛みが強くなってしまうのですよ…( ;∀;)

 

なので、切れ痔にしても

要注意が必要となってきます。

 

 

 

2つ目は、いぼ痔(痔核)というものに

ついてお話をさせて頂きたいと思っております。

 

これは、肛門周辺の血管が圧迫されて

血流が悪くなった結果がうっ血状態になり

いぼ状にふくらんでしまったことを言います。

 

その中でも

外痔核内痔核の2種類に分かれているんです。

 

 

外痔核は皮膚に神経が通っているため

腫れてしまうと、激しい痛みになってしまうこと

あるのですね…

 

原因としては

便でいきむときだったり、腰を冷やしてしまったり、

重い物を持つ機会が多い人、長時間座りっぱなし

などがあげられます。

 

 

内痔核は、神経がほとんどないところに

できるので痛みを感じることが少なくいので

 

出血や、肛門から痔がでてきたときに

気づくみたいなんですね。

 

 

まず、今このブログを見て頂いている方は

自分が痔かな?って思う方は

自分がどんな痔なのか

知っておくことも大切なんです。

 

 

 

ここからは改善方法です!!

 

 

1つ目は、お水をしっかりと飲む。です!

ママさんは、授乳をしていると水分が母乳から

もっていかれてしまうのですね…

 

水分補給しないと便が硬くなり、便秘ぎみになる。

硬い便をするときに、痔になってしまうのです…

 

便意を感じたら、すぐにトイレに行く。

水分補給はしっかりとる。

硬い便をするときに、いきみ過ぎない。

 

これが大切になってきます!

 

 

他にも下痢も痔に繋がるので、お腹を冷やさない

ようにしたり、湯船にしっかりつかるのも改善に

繋がってくるのですね!

 

 

痔かな??と感じたら

しっかりこういったことをケアしていくことを

心がけましょうね!

 

本日もご観覧ありがとうございました♪

 

解決できない悩みをお持ちの方はこちら